基本方針
 ミヤジマグループは、『人と語り、道を学び、心を信じて』という言葉を大切にし、心豊かな創造企業として、お客様から信頼をうけ、お客様とともにつくり、満足していただける創造物を提供する。
 総合建設業として統合マネジメントシステムに基づく活動に参画し、 品質の向上を目指し、地球への環境低減を図るとともに、快適な職場環境のもと健康で安全な会社を確立するよう努力し、地域に貢献する社会づくりを目指す。
 行動方針
1. 当社は顧客満足の向上、環境保全及び職場の安全推進を目的とし、統合マネジメントシステムを構築・運用する。
 

2.

当社の品質・環境側面に関連する適用可能な法律、及び労働安全衛生法を

 

初めとする関連法令、条例及び当社が同意する地域協定、所属団体の規制
などを順守する。

 

3.

当社は環境負荷及び安全リスクを低減し、業務プロセスを改善する為に、環境影響評価及びリスクアセスメントを実施し、顧客の期待とニーズを優先的にとらえることにより、目的・目標の設定及び見直しを行い、以下の取組みを実施する。これらを継続的に改善し、顧客満足の向上、汚染の予防及び災害・疾病の防止に努める。

(1)

建設工事では、廃棄物の発生の抑制に努める。

(2)

建設工事における建設副産物の再利用の促進および適正処理に努める。

(3)

建設工事におけるリサイクル品を積極的に活用する。

(4)

環境・人にやさしい建築資材をローコストで提案する。

(5)

オフィス活動ではコピー紙の削減と、廃棄物の分別および省エネルギー化に努める。

(6)

地域の緑化活動に努める。

(7)

労働災害ゼロの推進に努める。

(8)

安全パトロール、KY活動を定期的に実施する。

(9)

技術の向上に努力し、最高の品質を確保するために品質目標の達成を目指す。

4.

当社は統合マネジメントシステムを運用する上で必要な教育・研修を積極的に実施する。

 

5.

当社は相互理解と協力体制のもと、地域社会とのコミュニケーションを図り、地域に密着した対応・サービス、環境保全に取り組む。

制定日 2007年11月17日  
改訂日 2010年2月1日  

株式会社 ミヤジマ建設
代表取締役 今井 剛